ホームページ上でメール配信の存在をアピール

ホームページのフッター部分に投稿フォームを入れる

メール会員やメールマガジンの読者を増やしたいのであれば、やはり宣伝が必要です。ある程度の文章量や絵などを使って、メール会員になることでどのようなメリットがあるのかを説明しないと、なかなか加入者は増えないでしょう。では、具体的にどのような形でホームページ上での宣伝を行えばいいのでしょうか。
まず、どのページにアクセスしても表示されるメニュー部分にメールアドレスを登録できるフォームを入れましょう。テキストリンクだけを張り、それをクリックすると登録フォームが表示されるといった仕組みだと、ワンクリック分の手間が入る分、登録してもいいと思う人が減る可能性があるからです。ヘッダー部分にあるメニューだと登録用フォームが浮いてしまうということであれば、フッター部分に入れましょう。

閲覧者がアクセスすると特定の場所にメッセージを表示させる

また、閲覧者がページにアクセスしたとき、ブラウザの右下などで「メール会員募集中」といったメッセージを出すのもいいでしょう。フッターにフォームを入れただけだと、縦に長いページの場合、フォームに気づかない可能性があるからです。右下に固定でメッセージを表示するのはスタイルシートを使えば簡単にできます。できれば、その表示を消すためのボタンを一緒につけておくと親切です。閲覧者が削除できない宣伝がいつまでも右下に出続けているというのは、ユーザビリティの観点からいうとあまりいいことではありません。
メール会員募集中のメッセージを右下ではなく、上から落下させるようなアニメーションを使って最終的に中央に表示させるサイトもたまに存在しますが、アピールが強すぎるとかえって拒否されてしまうので注意が必要です。

メール配信のサービスとは、メールマガジンや営業用の案内メールなどの配信を請け負うサービスのことです。一度に大量のメールを送ることができ、災害情報の配信や、学校の連絡網にも使用されています。