絵文字や顔文字を使って明るい雰囲気を作る

絵文字や顔文字は読み手に好印象を与える

情報を発信する手段としてポピュラーとなったメール配信。巷には様々な内容のメールがあふれていますが、より多くの人に読みたいと思ってもらえる内容とはどのようなものでしょう?読み手の興味を引くような件名にしてみたり、文書の構成を考えてみたり…。対策は色々と考えられますが、その中の一つに「絵文字や顔文字を使う」という方法があると思います。文章ばかりのメールでは事務的で冷たい印象を与えてしまいますが、絵文字や顔文字を使うと、少ない文字で気持ちを効果的に伝えられ、親しみやすさを覚えてもらえるのです。ビジネスメールでは敬遠されがちな絵文字・顔文字ですが、不特定多数に配信するメールであれば、むしろ積極的に取り入れた方がよいと言えます。

絵文字や顔文字が与える効果

絵文字・顔文字を使うと具体的にどのような効果が与えられるのでしょう。例えば、ただ挨拶が書かれた一文より「おはようございます(0▽0)」と顔文字が添えられた方が親しみやすさを覚えないでしょうか?このように、絵文字・顔文字は相手にポジティブな印象を与えることができます。また、メールの内容によっては否定的な文章を書かなければならない場合もあるでしょう。絵文字・顔文字は、そういったネガティブな印象を和らげてくれる効果も期待できます。
相手を不快にさせないように、好意的に受け取ってもらえるように文章を考えることはなかなか難しく、書き手にとってもストレスになります。絵文字・顔文字はそういった悩みを簡単に解決することができ、文章を考える時間が短縮され、メールの内容をより充実させるための時間に充てることができるでしょう。

メール配信APIとは、異なるシステム同士をつなぐシステムです。顧客データとメール配信機能を連携させ、希望する顧客にメール送信が行えるようになっています。