メールの文章が長くなりすぎない

長いと読むのが大変になるから

メール配信をして顧客に購買意欲を高めてもらいたいというときに重要なのが、継続してメールを受信して読んでもらうことです。興味を持ってメールを読んでくれるうちに商品やサービスの購入をしてもらえなければいくら受信してくれても意味がないでしょう。メールを読んでもらうために重要なのが短くてアピール力のある文章に仕上げることです。たくさんの情報を盛り込もうとするとメールの文章が長くなってしまいがちになります。すると受信した人はどこに自分が欲しいと思っている情報が書かれているかを探さなければなりません。だんだんとそのプロセスが辛いと感じるようになってしまい、メール配信を利用するのをやめてしまうリスクが高いのです。

文章を短くするにはどうするか

しっかりと商品やサービスの内容を盛り込みたいけれど、文章がどうしても長くなってしまうということもよくあります。その対策として考えられるのがイラストや画像を多用する方法です。一枚のイラストに含められる情報量は多いものの、文字と違って瞬時に内容を判別できます。それが自分にとって魅力のがあるものなのかどうかを判断しやすいので、読み手にかかるストレスは小さくなるのです。文字としてどうしても伝えなければならないものを単語レベルでイラストの中に入れ込んでも良いでしょう。最終的に詳しい内容を知りたいという人はリンク先で確認してもらうようにして、商品やサービスの特徴を象徴する画像を使うように工夫してみましょう。