利用者が見たくなる情報だけを配信

新製品や新サービスの情報を提供

メール配信サービスをしていく時には、新製品や新サービスの情報を中心に提供していく事が重要です。新製品や新サービスの情報だと見た人も興味を持ってくれる可能性が高く、メール配信サービスに登録して良かったと評価してくれる事が多いです。メール配信サービスに登録している人たちは、少しでも自分たちの役に立つ情報を集めたいから登録するのであって、もし役に立つ情報をまったく提供しなければ次第にメール配信サービスの登録を解除する人が多くなります。

また、新製品や新サービスを紹介する時には、写真や画像などを上手く取り入れながら詳しく情報を提供する必要があります。いくら価値ある情報でも内容が分かりにくいと見る人が納得しないです。

数よりも質を大事にする事が重要

メール配信サービスで長く利用してくれる人を増やすポイントとしては、メールの数よりも内容を重視する必要があります。メール配信サービスは、なるべく多くメールを配信することによって宣伝になり会社の知名度が上がる可能性が高いです。しかし、内容が薄いメールだとただの迷惑メールとなり、見た人が不快に感じて次第にメールを見てくれない状況になります。これではメール配信を提供している意味がないので、充実した内容のメール配信サービスにします。 つまり1日1通内容が薄いメールを送るよりも、数日に1回内容が濃いメールを送った方が利用者が増える事が多いです。利用者の事を第一に考えてメール配信サービスを継続していく事が必要といえます。